楽山楽水日記(Ⅱ)

仙台市出身、今は柏市に住んでいます。旅行や山歩き、山菜やきのこ採り、家庭菜園、釣りなど、楽隠居の日々を綴ります。

野生木の実の果実酒作り

2021年10月9日(土)
下北半島の尻屋崎で採集した木の実を、同じ量の氷砂糖とホワイトリカーを加えて果実酒を作りました。左から右にヤマブドウ酒、ガマズミ酒、アキグミ酒、半年も経てば美味しいリキュールが出来上がるでしょう。
f:id:rakuzanrakusui:20211008103633j:plain

家庭菜園(35)中カブ

2021年10月8日(金)
赤丸二十日大根に遅れること14日、8月30日に種蒔きした中カブが取れ始めました。
f:id:rakuzanrakusui:20211007194053j:plain
家内は一昨日の慈恵医大付属柏病院の血液検査の結果、数値が漸く回復し5ヶ月ぶりに定期通院からご赦免、私は新型コロナウィルスワクチンの2回目の接種が、同じく一昨日無事終わり、昨日は副反応も出なかったので、我が家の視界はいきなり良好になりました。なので、中カブと赤丸二十日大根を使って、紅白の一夜漬けを作り、ささやかに御祝いします。

山栗祭り

2021年10月7日(木)
家内がギンナン拾いに行くなら、私は栗拾いに出動します。我が家は、年間通してきのこや木の実、山菜を採集し、魚を捕りにも行くので、いまだに縄文人の暮らしを色濃く追求しています。
f:id:rakuzanrakusui:20211006121102j:plain
市内某公園の人の入らない藪の中に2本立つ栗の木、競争相手はいません。藪蚊の襲撃を腰に下げた蚊取り線香と虫除けスプレーでかわしながら、トングで1個1個拾いあげます。その最中にも頭上から栗が落ちてきます。今回は2kg、山栗にしては大粒ですが、頂きものの大栗も未だたっぷりあるし、さてどうして食べたものか、嬉しい悲鳴です。😆

銀杏祭り

2021年10月7日(木)
毎年この時期になると、着物着付け教室の先生&松戸の大地主の奥様&家内の友達から何回かお誘いがあり、屋敷内のお稲荷さんの御神木、イチョウの大木から落ちるギンナン拾いの声がかかります。
f:id:rakuzanrakusui:20211007075033j:plain
昨年はそのイチョウの大樹に落雷があり不作でした。今年は逞しく回復、これで3回目、合計で5kgも頂きました。我が家の二人では食べきれないので、娘や息子、親戚にお裾分けしています。

家庭菜園(34)乾燥芋茎

2021年10月6日(水)
サトイモ栽培の副産物?、ズイキ(サトイモの茎の皮を剥き天日乾燥させたもの)は、我が家では芋以上に大切にしています。
f:id:rakuzanrakusui:20210923112734j:plain
お正月に食べる仙台風雑煮の具に欠かせないだけでなく、豚汁、けんちん汁、煮物に使うと風味がアップします。時には金運?もめぐってきます。😆

馳星周著「蒼き山嶺」

2021年10月5日(火)
山歩きが趣味なので、山岳小説はつい読んでしまいます。「犬と少年」に続く馳星周著作の二作目。
f:id:rakuzanrakusui:20211005115101j:plain
中に出てくる白馬岳や白馬三山はいつも麓から眺めるだけで山頂を踏んだことはありません。白馬岳から雪倉岳朝日岳を越えて、日本海(親不知)まで続く栂海新道を一度歩きたいと思っていましたが、もう無理でしょう。来月11月に又白馬村に往く予定です。青鬼地区の棚田から、新雪を被った白馬三山を眺めるのが楽しみです。