楽山楽水日記(Ⅱ)

仙台市出身、今は柏市に住んでいます。旅行や山歩き、山菜やきのこ採り、家庭菜園、釣りなど、楽隠居の日々を綴ります。

ワラビのお浸し

2024年4月15日(月) ワラビ採りに茨城県北の山里に長駆、場所は明かせませんが車で往復150km、丸一日仕事。何とか380g採取できました。 幾ら趣味・道楽とは言え、褒めてくれる人も、喜んでくれる人も居ないのに、我ながら良くやります。コスパもタイパも最…

TEGANUMA PORTER

2024年4月14日(日) 柏ビールの2本目は「手賀沼ポーター」、黒ビールです。アルコール分5%、原材料は麦芽、ホップ。ラベルには「深煎り麦芽のコーヒーのような香りとコクが味わえるスッキリした黒ビールです」とあるが、焦げ臭味が強過ぎる。ローストモル…

吉高の大桜(印西市)

2024年4月14日(日) 昨日は、家内を誘って印西市随一の桜の名所、全国の孤高の1本桜ランキング第三位(2024年1月、じゃらんインターネット調査)の「吉高の大桜」を見学に。前回の2019年4月6日に続き2回目です。自宅から車で、無料駐車場のある印旛中央公園…

柏太陽のエール

2024年4月13日(土) 広報かしわの柏産品プレゼントに応募して頂いた、こまいぬブルワリーのビールの試飲を開始。1本目は「柏太陽のエール」。酵母で白濁した(未濾過の)ペールエールタイプ、アルコール分6.5%、原材料は大麦麦芽(ドイツ産又はイギリス産…

家庭菜園(24-9)二十日大根の花芽

2024年4月13日(土) 昨秋種蒔きした赤丸二十日大根を、食べきれずに畑に放置していたら、とう立ちして一斉に花芽が伸びてきました。 葉柄に赤みがさしています。 葉はちくちくしますが、柔らかい先っぽを摘んできました。 二十日大根もアブラナ科、一応菜の…

柏ビール by こまいぬブルワリー

2024年4月12日(金) 毎月1回、月初に発行される柏市の「広報かしわ」、その裏表紙(最終頁)に「かしわ愛を込めて ふるさと産品お届け便」というコーナーがあり、紹介された品物のプレゼント応募欄があります。3月号は、こまいぬブルワリー「かしわビール」…

家庭菜園(24-8)アマドコロ

2024年4月11日(木) 庭のプランターで栽培しているアマドコロ、若芽が出て来ました。 10本採取、天婦羅にして食べます。 菜園で育てている斑入りアマドコロも若芽が。 此方は太くて大型、若芽8本を採取。 少し苦味と甘味があり、ヌルミもある春の味、間もな…

キクラゲ(木耳)

2024年4月10日(水) あけぼの山農業公園のサクラ山でアミガサタケは1本も発見出来なかったものの、梅林で倒木に発生したキクラゲを見つけました。😊 キクラゲはアラゲキクラゲより食味が良く、喜んで採集、 130gありました。近く、きのこスープを作ります。

あけぼの山農業公園(柏市)

2024年4月10日(水) 今日は家内と一緒にお弁当持参で、柏市随一のサクラの名所、布施弁天に隣接する、あけぼの山農業公園へ行き、お花見。 平日というのに広い駐車場がほぼ満車❗️。今はオランダ風車前のチューリップ園も満開、見事な眺めです。 あけぼの山…

ゼンマイ採り

2024年4月9日(火) 昨日の午後は手賀沼周辺の丘陵地でゼンマイ摘み、山菜採りで私の春は忙しい。😆 250gほど採れました。 帰宅して直ぐ綿毛取り、 沸騰させた湯にゼンマイを浸し、重曹を小匙1杯加え一晩放置してアク抜き。 本日、数回水換え、水晒しを繰り返…

定点観察・五本松公園(我孫子市)

2024年4月8日(月) 午後から手賀沼周辺の丘陵にゼンマイ採りに行った帰りに、五本松公園に立ち寄りきのこ観察。 地上生のきのこは、今回も紅茸属のカラムラサキハツのみ。 フィールドが賑やかになるのは、もう少し先になります。

蕗(フキ)刈り

2024年4月8日(月) 昨日の午前、狭い庭一杯に繁ったフキの刈り取り。 400g採れました。鍋に入る長さに切って、茹でこぼし、皮を剥いて、水晒し。 午後は、男の手料理で、きゃらぶき作り。フキを5cm前後の長さに切り、醤油、日本酒、味醂、砂糖、唐辛子を加…

晴れ風

2024年4月7日(日) 4月1日新発売のキリンビールの新商品「晴れ風」を、昨日初めて飲んでみました。 麦芽100%ビールで、希少ホップIBUKI(信州早生を品種改良したきりん2号と、その変種かいこがねの2種類のホップの総称)使用、アルコール分5%。 製造工場…

タラの芽の天婦羅

2024年4月7日(日) 一昨日、今季二度目のタラの芽採りに出撃、場所は明かせませんが、車で往復35km、半日仕事。幾ら暇とはいえ、又、趣味・道楽とは言え、時間とガソリン代を考えると馬鹿馬鹿しい所業です。 今回は芽のほどけ具合も良く食べ頃、昨日の夕食…

メルシャン・シードル 贅沢

2024年4月6日(土) リンゴ果汁100%のメルシャン贅沢シードル、リンゴのスパークリングワインです。瓶入り500ミリリットルで、リンゴ約3個分の果汁が使われています。1本500円。 原材料をみると発酵時の補糖はなく、アルコール分は5%、ビール並みの低アルコ…

高田宏著「信州すみずみ紀行」

2024年4月6日(土) 高田宏著「信州すみずみ紀行」読了。信濃毎日新聞に1991年2月~1993年12月に亘り掲載されたもの、30年前の紀行文なので、今では当時と大分景色も変わっているかと思います。「栄村雪紀行(秋山郷)」に始まり、「奥信濃一茶紀行」まで16…

古川名物 しそ巻き

2024年4月5日(金) 一昨日、里帰りした娘が、横浜そごうで開催中の宮城県の観光と物産展(4月2日~8日)で購入したと、大崎市古川食品の「しそ巻」をお土産に持ってきてくれました。 我が家の菜園の紫蘇で、昨年どっさり作ったしそ巻きは、既に食べ尽くして…

定点観察・船橋県民の森(船橋市)

2024年4月5日(金) 昨日、午後から船橋県民の森と、更に隣接する船橋市青少年キャンプ場へ行って、きのこ観察。水辺の落ち枝にタマキクラゲが付いていました。 湯がいてシロップをかけて食べると乙な味ですが、昨日は見送り。 椎茸栽培に使われ、役目を終え…

純米酒 銀嶺月山

2024年4月4日(木) 冬の名残り、純米酒・銀嶺月山を飲み終えました。山形県寒河江市にある月山酒造株式会社の製品、親戚に寒河江市出身の方が居るので、毎冬1本はいただきます。😆 精米歩合80%、アルコール分14%、720ミリリットル1本1,100円。 霊峰月山には…

ベニズワイガニ

2024年4月3日(水) 昨日、近所のスーパー、フードスクエアカスミに買い物に行った家内が、島根県産の生のベニズワイガニが安く売っていたと、3杯買ってきました。 早速茹でて、ばらして、晩酌のビールのお供。 ベニズワイガニは脚が細く、身は水っぽく、食…

晴れ風

2024年4月3日(水) 昨日、4月2日発売のキリンビールの新商品、晴れ風6缶パックを早速購入してきました。 昔(1995年)、取手工場で製造して首都圏限定販売だった「太陽と風のビール」を彷彿させるビールです。

家庭菜園(24-7)埋納サトイモ回収

2024年4月2日(火) 昨日、菜園の土中に埋納保存してきたサトイモを全て掘り出して回収。 タイミングが遅れ、もう芽が出た芋が大半です。芽が出ると風味はやや落ちます。😪 収量は7.2kg、累計で35.1kg。 掘り上げてしまうといよいよ日持ちがしないので、煮っこ…

無人野菜スタンド

2024年4月1日(月) 昨日、トウがたった冬ダイコンを全て掘り上げ、菜園の前の道端の大笊に並べ、通りすがりの人に差し上げることに。 我が家の無農薬有機栽培野菜の、無料お持ち帰りスタンドです。 昼過ぎにオープンし、一旦帰宅して、夕方再び行ってみたら…

タラの芽採り

2024年3月31日(日) 昨日、今日と急激に気温上昇、最高気温25℃に達し、まるで初夏、いきなり山菜採りシーズンに突入し、慌ただしくなりました。 先日のハリギリに続き、今日はタラの芽採り、手賀沼周辺の丘陵地に行き、10個ゲット。 もう少し芽がほどけた状…

重松清著「定年ゴジラ」

2024年3月30日(土) 久しぶりに重松清の作品を読み、「定年ゴジラ」読了。重松清は大好きな作家のひとり、平凡な市民の哀歓を描かせればピカ一、本作品は、定年退職して時間をもて余す企業戦士達の応援歌で、私もジンときました。 重松清著の、これまで読ん…

限定醸造 一番搾り 超芳醇

2024年3月29日(金) 今日は昼過ぎに春の嵐が止み、日差しが戻り、気温がぐっと上がったので、晩酌は久しぶりにビール。キリン一番搾りの限定醸造品、超芳醇。原材料は麦芽とホップ、アルコール分6%。 お供の肴は、ハリギリ若芽の天婦羅。 これからはビール…

定点観察・手賀の丘公園(柏市)

2024年3月28日(木) ハリギリの若芽を採集した後、手賀の丘公園に寄り道して、きのこ観察。硬質菌ばかりかと諦めかけた時、早春のきのこ、ベニタケ属のカラムラサキハツを2本見つけました。😊 可食菌ではありませんが、トガリアミガサタケとともに地上生きの…

ハリギリの若芽採り

2024年3月28日(木) 天気は余り良くないが、毎年恒例、手賀沼周辺の丘陵地に出撃して、ハリギリの若芽摘み。 例年より一週間遅らせたにも関わらず、まだ芽が固く小さいものが多い。 もう少し開きかけた新芽が望ましいのですが、何度も来る訳にもいかず、20…

春うらら(2)

2024年3月27日(水) 庭の果樹の花も次々開花。 ボケの花はとっくに満開、ヒヨドリとメジロが交替でやって来ては蜜吸い、 ハナモモは三分咲き、 カリンも三分咲き 、 ですが、我が家は花より団子、果実酒を造る実が成るのを楽しみに待ちます。

高田宏著「島焼け」

2024年3月26日(火) 昨日、今日と2日連続の雨、菜種梅雨?、東京のサクラの開花も遅れに遅れている。外仕事は何も出来ないので、居間のソファーで毛布を被り読書三昧。高田宏著「島焼け」を17年ぶりに再読、朝から読み始め、夜になって読了。 伊豆諸島の青…